アナトミートレインを意識して、全身の繋がりを「楽」に捉えよう。

リハビリ関連

今はまさに筋膜ブームと言わんばかりに様々な書籍が出ています。

そんな中、リハビリの分野ではその筋膜の繋がりを比較的簡単に表してくれている概念があります。

それが

アナトミートレインです。

 

アナトミートレインとは

以下引用

さあ、筋筋膜経線をたどる旅へ、アナトミー・トレインに乗って出発進行!

人体を走る「筋筋膜経線」を鉄道路線に見立て、姿勢・運動機能の制御、

ひずみによる機能障害のしくみを解説したトーマス・マイヤースの画期的なテキスト『アナトミー・トレイン』待望の第3版。

筋膜のつながりとその驚くべき機能が明らかになる。

「第11章 構造的分析」に症例紹介が加わり、より実践的な内容となった。Web動画付き。

リハビリテーションやボディワークに携わるすべての人へ。

引用:アナトミー・トレイン [Web動画付] 第3版: 徒手運動療法のための筋筋膜経線 Amazon商品紹介より

筋膜は全身を包んでいるので、局所の影響が全身に影響を及ぼしますし、全身の影響が局所に現れる事もあります。

 

 

しかし、だからと言って

 

 

あなたの腰が痛いのは、右の小指の周りの筋膜が影響してますよ!

 

 

みたいなことを言っても

 

 

「はぁ?」

 

 

って意味わかんないことになっちゃいますね。

実際にちゃんと論理立てて評価した結果、小指が原因で腰が痛くなることはあるかもしれません。私は経験ありませんが、、、。

 

そのため全身に影響与えるためには、やはりルールが必要になります。

そのルールがアナトミートレインというわけですね。

 

詳しくは書籍を参照していただくとして、今回はざっくりとどう使うのかをイメージしていけるように説明したいと思います。

 

姿勢評価を「楽」にするアナトミートレインのライン

アナトミートレインのラインは全部で6つありますが、今回は姿勢評価の時に重要だと思われるラインを紹介したいと思います。

姿勢においてこのラインが意識出来ると、分析するときにライン上の筋・筋膜の影響も考えることができます。

 

スーパーフィシャル・バック・ライン(SBL)

   

このラインは身体の後面を繋ぐラインで、足底~眉毛の上まで繋がっています。

主に身体を後ろに反らす作用があり、身体を重力に抗して立ち上がる際に働く筋が多くあります。

このラインが短縮すると、

  • 足関節の背屈の制限
  • 膝が伸展制限
  • 股関節の屈曲制限
  • 体幹・頭頸部の屈曲制限

などが出現します。

普段臨床をしているとこのSBLに短縮がみられる場合、「踵が短くなっている人が多い」なと感じます。

 

本来であれば踵はアキレス腱より少し出ているものなんですが、SBLが硬くなる事で、ふくらはぎの筋肉やアキレス腱が踵を前に押し出してしまうのです。

 

よく靴下の踵がズレてしまう人などはもしかしたらSBLの短縮があるのかもしれませんね。

 

スーパーフィシャル・フロント・ライン(SFL)

 

 

このラインは足の甲から身体の前面を通って頭まで走るラインの事です。

このラインの運動の特徴は身体を前に曲げたりする活動に大きく関わってきます。

あと身体の前面を通っており、防御性の反応のときに収縮する事が多いと思います。

ライン全体として働きは他にも以前紹介したSBLと共同して、矢状面(身体を横から見た時)での身体の姿勢をまっすぐに保つ働きがあります。

このラインの筋膜、筋肉が硬くなったり短縮してしまうと

  • 足関節の底屈制限
  • 膝関節の屈曲制限
  • 股関節の伸展制限
  • 体幹・頭頸部の伸展制限

が生じやすくなり、姿勢としては身体が少し前にかがんだ様な姿勢になってしまいます。

 

よく猫背になって背中が丸くなっている人や、頭が前に出てしまっている人はSFLの短縮が予想されます。

 

そして丸くなってしまった背中はSBLが常に伸張された状態になることで、ストレスがかかり痛みを出す可能性があります。

 

そのため猫背の人や、頭が前に出てしまっている人なんかは背中の張り、肩こりを訴える方も多いように感じます。

 

 

ラテラル・ライン(LL)

 

このラインは足の横から頭まで身体の外側を通っていて、主に身体を横に曲げたり脚を横に開く時に働く筋肉が多く集まっています。

このラインは身体の前額面(身体を正面から見た時)のバランスを整えるために使われル事が多いです。

 

特に歩いている時など片足に体重をかける動作においてこのラインが協調的に働くことで、スムーズに体重を移動することができます。

 

このラインが短縮すると、股関節の内転制限と体幹・頭頸部の側屈制限を引き起こします。

さらにこのラインが短縮したり、ライン上の筋肉が固まることで短縮した側に体重がかけにくくなります。

 

体重がかけにくくなることで、身体は無理な体重移動を行うことになります。無理な体重移動を続けることで関節に負担がかかり、周りの筋肉も過剰使用からトリガーポイントを形成しやすくなります。

 

スパイラル・ライン(SPL)

 

このラインは後頭部から始まり、反対則の肩甲骨を通って身体の前面に出ます。

 

その後腹斜筋といわれる腹筋を通り、再度反対側の骨盤に繋がります

 

骨盤から下は、大腿筋膜張筋といわれる脚の外側を通り、足裏を回って、身体の後面を頭まで上がっていきます。

 

作用としては、身体を捻る動作に関連しています。

そのためこのラインの短縮は体幹の回旋の制限を引き起こします。

加えて、このラインは単体で骨盤の前面と後面に付着しているので骨盤のアライメントにも影響が起こりやすいと考えています。

 

またこのラインは、他のライン上にある筋肉と共通の筋肉で構成されていることが多く、「寄生するライン」と言われています。

 

ディープ・フロント・ライン(DFL)

このラインは「フロント」とついていますが、足の内側(土踏まずあたり)から、脚の内側を通って身体の深部を喉のあたりまで上がっていきます。

 

このラインの特徴としては、ライン全体としての運動作用が無いという事だと思います。

(実際は股関節の内転筋群だったり、運動を起こす筋肉はあるのですが)

ライン全体が収縮をしても、今までのラインの様に大きな運動は起こらないということです。

 

横隔膜や骨盤隔膜といった、筋肉が繋がっているため呼吸臓器の保護に深く関与すると言われています。

 

また上記の筋肉に加えて、多裂筋、腹横筋と合わせて「インナーユニット」と呼ばれ、体幹の安定性に関与しています。

 

このラインの異常は、最初は明確な症状として現れにくいとされています。

 

恐らくラインとしての運動作用があまり無い事が要因では無いかと思います。

 

しかし、ラインとしての異常は確実に起きているため、その他ラインが代償的に過剰使用、短縮している事が多くあり、自覚症状としては、他のラインの異常として感じる事が多いと言われています。

最後に

今回はアナトミートレインを簡単ですがまとめて見ました。

私はこの概念を知ってから、局所の影響が全身に及ぶことを知りましたし、他の症状を訴えていない部位が離れた部位の症状を引き起こしている可能性があることを理解できました。

アナトミートレインは私が就職してから一番最初に購入した書籍で特別に思い入れがあるということもありますが、今でも読み返す事が多い書籍なので、興味のある方は一度読んで見てください!

まとめ

  • 姿勢観察をする時は各ラインを意識してみれると「楽」になります。
  • ラインは単体の筋・筋膜では無いので、局所の問題がラインを沿って全身に影響を与えることがあります。
タイトルとURLをコピーしました