筋膜リリースを「楽」にするトリガーポイントの知識

トリガーポイント

筋膜リリースという言葉はかなり一般化しつつあり、リハビリ職種やトレーナー以外の一般の人でも言葉は聞いたことがあるという人が増えてきているように感じます。

 

今回は筋膜リリースについての紹介です。

 

一般的に言われている「筋膜リリース」とは少し違うかもしれませんが

 

ではどうぞ!

筋膜リリースって難しくない?

筋膜リリースは先ほども言いましたがかなりいパン的になりつつあります。

 

グッズもかなり販売され、関連書籍なんかも多く出ています。

今ではセラピストだけでなく、一般の方にも馴染みのある言葉になりつつあります。

そんな筋膜リリースですが、実際にどこをすれば良いの!?

という人も多いのではないでしょうか?

 

日頃のケアには良いけど、、、。

肩こりが〜

とか、

腰の張りが〜

 

程度の軽いものであれば一般書籍に書いてあるようなものでも

ある程度対応できます。

 

しかし、痛みが強い場合や痛みの経過が長い人、症状は改善するものの、すぐに戻ってしまう人などでは効果が得られにくい事もあります

 

その理由として、実際に筋膜リリースを行う場合、

症状に合わせてリリースする場所を選択していかなければならないからです。

 

実際に症状を緩和していくためには、何が原因で症状が起きてるのかを評価して、解剖学、運動学的な観点から色々と検証して行く必要があります。

 

この場合、一般的な書籍の内容では少しざっくり書かれすぎているため、対応することが難しいです。

 

しっかりと患者さんを評価しないと治療なんてできません。

 

でもそれって大変じゃないですか?

 

 

評価することはもちろん大切です。

 

しかし評価するものの、一向に治療に結びつかないということもしばしばみられます。

特に新人セラピストの方では、

「評価したものの一体どうして治療を進めていけばいいのかわからない」

 

ということが多いように感じます。

 

セラピストでさえ、わからないことが多いのですから

 

一般の方の場合は、頭がこんがらがって何をしたらいいかわからなくなってしまいます。

 

 

ですがご安心ください。

 

どう評価すれば良いのか、

どう治療すれば良いのか、

 

この2つをどちらも「楽」にしてくれる知識として、トリガーポイントという概念があります。

トリガーポイントとは?

トリガーポイントの概念を知ったのは、私が臨床2年目くらいの時でした。

確か同僚がトリガーポイントの研修会に参加してきた話を聞いたのが最初だったと思います。

トリガーポイントとは
TravellとSimonsが提唱した定義では
「押すと鋭い痛みを感じる過敏になった限局性のスポットで、筋組織の触診可能な索状硬結上の結節の中に存在する。」
引用:誰でもできるトリガーポイントの探し方・治し方 筋の基礎からセルフトリートメントまで

とされています。

初めてトリガーポイントを知った時の率直な感想は

 

 

胡散臭いなー

 

というものでした。

当時の私は関節のモビライゼーションの手技ばっかりしていたので、マッサージ系の手技はからっきしでした。

 

あとこれはあるあるかもしれませんが、「理学療法士はマッサージ屋じゃないんだ!」みたいな感じで毛嫌いしている人もいると思います。

てか私がそうでした。

 

今になって思えばなんでそんな事考えていたのかな?と思いますけどね。

トリガーポイントの臨床応用

なんやかんやあって、臨床4年目にトリガーポイントの研修会に参加する機会があって、実際に学んだ時に理論的な背景がしっかりあると知り、その効果もさることながら、応用の幅が広い事にビックリしました。

 

例を挙げるとアナトミートレインのような筋膜の繋がりとトリガーポイントを組み合わせたり

 

姿勢分析、動作分析と組み合わせたり

 

東洋医学なんかと組み合わせている人なんかもいます。

OPA代表の波田野先生は経絡とアナトミートレインの類似性に着目した「経絡導診法」という手技も提案されています。

興味があれば全国各地でセミナーを開催しているので参加してみてください。
https://oriental-physio-academy.jimdo.com

 

トリガーポイントの利点

また個人的に良いと思うところは評価結果と自覚症状が共有しやすい点だと思います。

トリガーポイントは、痛みのある部位によって、原因となる筋肉をある程度絞り込める事が特徴的だと思います。

トリガーポイントを治療する場合、関連痛といって、患者様が訴えている場所に疼痛が再現される場合があります。

そのため、相手側にも少なからず痛みを伴います

痛みと言っても、痛気持ちいいレベルの事が多いですが、そのトリガーポイントの過敏性によってはかなり痛みを伴います。

この痛みを伴うという事が1つポイントになっていて、痛みを再現することによって、どこの部位の具合が悪いのかを相手側と共有する事ができます。

臨床において共有するという事はとても重要な事だと思います。

いくらセラピスト側が

 

「この関節の動きが悪いから痛みが出ているんですよ」

 

とか、

 

「足の筋力が弱くなっているから痛みが出ているんですよ」

 

みたいな事を相手に説明しても、

 

そんな事言われてもよく分からん!!

 

ということになります。

というかそもそも筋力低下=痛みではないので、理由の説明にすらなっていないとう、、、。
中途半端な説明や誤った説明は帰って患者さんに不利益を被ることにもなるので説明はちゃんとしましょう。

 

 

また痛みには情動面の関わりが強く影響しているとされています。

 

痛む原因がわからない事で、

 

何で痛みが出るのだろう、、、

この痛みは本当に治るのだろうか、、、」

 

みたいに先行き不安になってしまうと、それだけで痛みが強くなったりする場合があります。

 

そのためトリガーポイントからアプローチをする事で、痛みの原因の場所を相手と共有する事で、楽に動けるきっかけが作れるのではないかと思っています。

個人的にはこの患者さんとセラピストで痛みの原因となるものを共有できるという点が素晴らしいと思っています。

「楽に動けるきっかけ作り」としてのトリガーポイント

そのためには、やはり痛みそのものが軽減する事は必要な事であると考えています。

ではどのようにして痛みを軽減させていくのか

その知識としてトリガーポイントは必要なものであると思います。

 

またトリガーポイントは徒手的に介入ができます。

 

つまり、

 

相手の努力に関係なく介入ができる事が強みです。

 

痛みのある方は、それだけで意欲が下がってしまう場合もあるので、動く前に痛みが軽減できれば、かなり有利に進める事ができると思います。

 

最後に

トリガーポイントの話はこれからもして行きたいと思っています。

セラピストは自身の臨床推論を「楽」にするために、一般の方は自身が痛みから「楽」に、

そして今よりも「楽」に動ける様にトリガーポイントを学んでみましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました