トリガーポイントを「楽」に見つける方法

トリガーポイント
3dman_eu / Pixabay

どうも!

脱力系理学療法士のおはぎです!

今回はトリガーポイントを「楽」に見つける知識の紹介です。

 

以前のトリガーポイントを楽に見つけるシリーズはこちら

姿勢分析からトリガーポイントを「楽」に見つける方法
どうも! 脱力系理学療法士のおはぎです! トリガーポイントの少し応用的な使用の仕方の紹介をしていきたいと思います。 トリガーポイントの概要については以前の記事をご覧ください! 症状の訴えだけじゃわ...
アナトミー・トレインの知識を使って、トリガーポイントを「楽」に見つける方法
どうも! 脱力系理学療法士のおはぎです! 今回はトリガーポイントを見つけやすくするための提案ができたらなと思います。 トリガーポイントをリリースしてるのに...

 

今回は少しリハビリ関係の方には少し馴染みのない話かもしれませんが、経穴(ツボ)の知識から考えていきたいと思います。

 

ツボってなに?

経穴とは

経穴 (けいけつ) とは、中医学、漢方医学、経絡学の概念で、体内の異常に応じて体表の特定の部位に対応して現れるもので指圧、鍼、灸で刺激を与えることで体調の調整、諸症状の緩和を図るものである。一般には「ツボ」とも呼ばれる。筋筋膜性疼痛症候群(Myofascial Pain Syndrome)におけるトリガーポイント(例えば腰痛の原因となる筋・筋膜内の好発部位)と大半が一致する。[1][2]
引用:Wikipedia

経穴とは経絡治療の時に使用されるもので一般的にはツボと言われることが多いです。

経絡とは

経絡とは、古代中国の医学において、人体の中の気血栄衛の通り道として考え出されたものである。経は経脈を、絡は絡脈を表し、経脈は縦の脈、絡脈は横の脈の意。 経脈は十二の正経と呼ばれるものと、八の奇経と呼ばれるものがある。
引用:Wikipedia

これらは、いわゆる東洋医学と言われる内容のものになります。

 

東洋医学って鍼灸師さんやあんま・マッサージ師さんであれば馴染みのある分野だと思うのですが、リハビリ職種の方(理学療法士や作業療法士)は、基本的に西洋医学を学んでいます

 

そのため東洋医学と言われても、ちんぷんかんぷんのことが多いですし、最初から毛嫌いしている人もいるかもしれません。

 

というか私が最初そうでした(笑

 

東洋医学って嘘くさい?

私は現在臨床6年目になりますが、就職してからはずっと西洋医学の勉強をしていました。

東洋医学なんて勉強する気もありませんでしたし、したいとも思っていませんでした。

 

 

そのため今までの考えでは、

 

 

東洋医学?いやいやエビデンスあんの!?

 

 

という考えが強かったです。

 

 

私が学生の頃はEBM(Evidence Based Medicine )といって、科学的根拠に基づいた医療を提供すると教えられてきたので、科学的エビデンスが乏しいものは基本的に信じないというスタンスでした。

 

ですが最近では、リハビリ業界でもアナトミー・トレインが経絡と類似していると言った事が言われていたりするので、以前よりも身近に感じることが増えました。(アナトミー・トレインの書籍第2版で記されています)

 

 

またお医者さんの中には漢方医と言われる方もいて、東洋医学で使用される漢方を処方してkれるお医者さんもいます。東洋医学は医療保険の中でも使用が許されている信頼のある分野であると知りました。

 

 

私もそれ以降はセミナーを受けてみたり、書籍を読んでみたりとしています。実際にセミナーを通じて学んだことや、書籍を読むにつれて西洋医学で言っている事と東洋医学で言っている事とってもしかしたらそんなに変わらないのかも?と思うようになりました。

 

 

さらに東洋医学、特にツボというのはトリガーポイントの概念に相性が良いと感じています。

ツボとトリガーポイントの類似性 〜トリガーポイントよりわかりやすい?〜

先の経穴の説明にも書いてありますが、経絡治療で使われる経穴(ツボ)はトリガーポイントと一致している事が多いと言われています。

 

 

書籍によれば、約90%近くが解剖学的にトリガーポイントと一致しているとの報告もあります。

 

 

トリガーポイントは書籍によっては、好発部位などの記載もされていますが、経穴の位置と比べると場所が曖昧な事も多いです。

 

 

私自身もトリガーポイントをリリースするときに、なんとなく場所はわかったんだけど、明確な場所がイマイチ把握できない事が多くあります。

 

 

 

比較的小さい筋であれば、特に問題ないのですが、大腿直筋やハムストリングスなどの大きい筋になると、トリガーポイントを手当たり次第に探していくのは効率が悪いです。

 

 

 

そんな時にツボの位置などを少し覚えておくと、トリガーポイントの位置がわかりにくくても、ランドマークから指で何横指のところかなどが具体的に把握することができます

 

 

例えば、前脛骨筋のトリガーポイント足三里と言われているツボの位置はほとんど一緒ですし、短趾伸筋のトリガーポイント丘墟というツボと一致しています。

 

 

さらに具体的に把握することができれば、ほかのセラピストに指導する場合や、患者さん自身にセルフケアを指導する時にも再現性も高いと思っています。

 

最近はエビデンスが重要視されています。その事に対して異論は全くないのですが、エビデンスがある=正しいわけではないとも思っています。
個人的に一番重要なものは再現性であると思っています。1人にあるアプローチを行った場合、次の日も同じようにアプローチが出来ること。他の人が実施しても同じ様な効果が出ることが大切であると思っています。

 

再現性は重要で、どんな素晴らしい効果のあるトレーニングやケア方法でも習得に時間がかかってしまったり、もしくはできないということになると、結果として「リハビリが無いと〜」みたいに依存を作ってしまうことにもなると思います。

そのため最終的には自分で効果が出せないとリハビリから卒業する事ができないと思っています。

 

ツボの位置の確認方法

ツボの位置を確認する場合、よく1寸と2寸のように単位に「寸」という単位が使用されています。

 

これは1寸が母指で1横指と同じ3寸は4横指と同じ長さを表しています。

 

これがわかると書籍に書いてあるツボの位置も具体的にわかりますし、ほかの人に教える時にも、より具体的に教えることができます。

 

最後に

今回はツボの知識を使えばトリガーポイントが少し「楽」に見つけることができますよというお話でした。

 

ただ書籍によってはトリガーポイントと経穴は必ずしも一致しないとも言われているので、安易に信用しすぎるのも危険です。あくまで参考にしつつトリガーポイントのある筋硬結を見つけることを大切にしたいと思います

 

 

タイトルとURLをコピーしました