回復期に多い!?腰の痛みをトリガーポイントの知識で「楽」にする方法

リハビリ関連

どうも!

脱力系理学療法士のおはぎです!

 

 

今回は入院患者さん以外でも訴えの多い腰痛に関して、トリガーポイントの概念を使用しながらセルフケアを中心に紹介していきたいと思います。

 

腰痛はほとんどが原因不明!?

腰痛は85%非特異的腰痛と言われており、原因が、はっきりしないとされています。

 

回復期では、脊柱の圧迫骨折脊柱管狭窄症などの脊柱疾患も、多いので腰痛を訴えている患者さん自体は比較的担当する事が多いです。

 

脊柱疾患がある場合の腰痛に関しては、手術などで脊柱そのものに対しての治療が終わっているので、術後の経過を追うごとに軽快していく事が多いです。そのため、リハビリの内容としても、痛みに合わせた運動療法などが中心になると思います。

 

しかし同時に、疾患以外に腰痛を訴えてなかなかリハビリが進まない、もしくは腰部の痛みがあり腰部をかばってしまうことで効率的な運動が行えず、運動学習が進まないということは割と多く経験する印象です。

 

例を挙げると、例えば大腿骨の骨折または変形性関節症などで手術をされた後の患者さん脳卒中の片麻痺の患者さんも良く腰痛を訴えることが多いかなと思います。

 

 

トリガーポイントから腰痛を考える

トリガーポイントが起こる要因としては、基本的には使いすぎが原因なので簡単にいうと腰部痛を引きこす可能性のある筋肉を動作時に過剰使用しているということになります。

 

トリガーポイントのややこしいところの一つとして、痛みを出している筋肉と同じ場所に関連痛が出るわけではないというところです。

 

具体例でいうと、小臀筋のトリガーポイントの関連痛は下肢の遠位外側までの広範囲に広がります。

 

そのため、腰が痛いからといってもその部分にトリガーポイントがあるとは限らないということです。

 

上記の例であげた疾患の方でいうと、原因は様々ですが比較的運動量が少ない患者さんの場合では、病棟のベッドで寝返りがうてないことで筋肉の収縮弛緩が起こる頻度が減り、筋肉内の血流が低下し、トリガーポイントが形成されやすくなる場合があると思います。

 

運動を比較的行ってきている方の場合は、歩行時に術側または麻痺側の下肢に無理に荷重をかけてしまうことによる過剰使用や逆に荷重が全くかからないことで、安定性が低下し筋肉で過剰に安定させている場合などがあり、筋肉の過剰使用を起こしトリガーポイントが形成されやすくなると思います。

 

各トリガーポイントの紹介とセルフケア方法

 

今回は回復期で比較的遭遇する脊柱疾患以外からの腰痛に対してトリガーポイントの観点から対象の筋肉とケア方法を紹介していきたいと思います。

 

今回も使用する道具はテニスボールです。

 

中臀筋

腰といっても患者さんに聞くと臀部にかけての痛みを訴える事も多いです。
比較的下位の腰椎から臀部にかけて訴えがある場合は中臀筋のトリガーポイントの可能性があります。

 

個人的には回復期ではこの筋肉のトリガーポイントで腰痛を訴える方が非常に多い印象です。

 

 

理由としては、大腿骨頸部骨折などの手術の場合臀部外側を切開する事が多いので中臀筋周囲の血流が阻害されやすいのではないかと思います。

(手術の方法は患者さんの状態、病院や医師によっても異なるため一概には言えませんが、、、。)

セルフケア紹介

横向きになって臀部の上部にテニスボールを当てて、床と挟むようにします。
場所は下図を参照してください。

 

脊柱起立筋

 

やはり当然ながら、脊柱に付着する筋肉も腰椎を引き起こします。

脊柱により近い痛みの場合は最長筋、少し外側に痛みがでる場合は腸肋筋の可能性があります。

 

中臀筋との違いは、脊柱起立筋のトリガーポイントの方がより上位の脊椎まで関連痛が出ることです。そのため、疼痛が出ている部分が、臀部周囲に限局しているのか、それとも脊柱の下位胸椎レベル程度の広い範囲で出ているのかで判断することが多いです。

 

ケアするときに大切になるのが、脊柱起立筋を全部まんべんなくほぐせばいいのではなく、しっかりと筋硬結を見つけてリリースする事です。

 

セルフケア紹介

仰向けになって、テニスボールを筋硬結に当てていきます。1人で場所がわかりにくい時は、当てて痛気持ちいい程度の部分が目安になります。

1つだとボールが転がって難しい場合は2つをくっつけて使うのも効果的です。

多裂筋

これは脊柱起立筋と場所的には似ているのですが、痛みの範囲が狭いのが特徴です。

余談ですが、腰椎から仙骨にかけての多裂筋が硬くなると、仙腸関節の上部を圧迫するため仙腸関節の可動性を低下させる要因にもなります。

セルフケア紹介

これは脊柱起立筋と同様の方法で実施できると思います。

 

最後に

今回は腰痛に関してトリガーポイントの観点から回復期で比較的遭遇しやすい場所をメインに紹介しました。

実際には腰痛を生じるトリガーポイントはもっとたくさんあり、その人の動作パターンによっては今回紹介した以外の筋肉に原因が生じている場合も多くあると思います。

ですが今回紹介した部分も個人的な経験ながら非常に頻度が多いと感じていますので、腰痛の評価で悩んでいるセラピストや、実際腰痛で悩んでいる方が少しでも「楽」になればなと思います。

タイトルとURLをコピーしました